30代前半まで鬱状態人生から解放されそうな物語

30代前半まで人と接するのが苦痛に感じていた人生をやり直していく日記・物語

今週も終わり

訪問していただきありがとうございます!
また、応援して下さっている方、重ねてお礼申し上げますm(_ _)m

 

 

 今日は、仕事の日。曇り空の中、気分はあいかわらず、憂鬱なまま。

 

仕事場につき、待っていると、人がどんどん増えていく。金曜日は仕事を入れている人が多いようだ。

 

本業が休業しているので、この日雇いの仕事をしている人もたくさんいる。

 

今日はそんな感じで、人が多いのか。

 

最近、新しい人も増えた。日雇いの仕事の募集があったのだろうか。

 

ここ2か月やってみたが、日雇いの仕事はそれなりにあるにはあるようだ。

 

ちょっと話したの中に、10年前から登録している人がいた。その方は、副業でやっているみたいだが。10年も続いているなんて、日雇いでも、食いつなげることはできそうな気がしてきた。

 

実際、今、働いてるのは週3日。それでも、やる気、意欲がわかない日々が出るため、普通に週5日で働いて生活したら、どうなってしまうのか。。

 

想像はつく。どんどん落ち込んでいく姿を。

 

今日も、以前と同じ、段ボールの解体作業。

 

びっしり置かれた、段ボールの山。それをひたすら、カッターでテープを切り、たたんで、台車にのせていく。

 

ただ、それだけの作業。

 

これが意外に時間が経つのが速い。集中しているのだろうか。

 

段ボールを作るより、壊すほうが気持ち的に楽。

 

作るより壊すほうが簡単だからなのか。

 

時折、何やってるんだろうと、自分、と問いかける。

 

それの答えは返ってこないまま、終了のチャイムの鐘が鳴る。

 

終わったぁーと心の中の自分が、声を出す。

 

今までの自分なら少し爽快な気分になるはず、

 

しかし、それもやってくる気配はない。

 

最近の自分はどうもおかしい。テンションはもともと低いが、さらに低くなっている。

 

梅雨のせいか、そう何かのせいであれば。

 

帰りは雨がぽつり、ぽつり、車のフロントガラスに落ちてくる。

 

ワイパーのスイッチを押せば、一瞬で水滴が消える。

 

こんなふうに、すっきりしたい。

 

どんよりとした曇り空でもいつかは、晴れる。

 

そんな未来を見据えて、僕は生きる、これからも。

 

途中、途中、変な小説語りになっていますが、すみません(汗)

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!